伊佐中央幼稚園
>
創造共育

       

 

        「創造共育とは」

伊佐中央幼稚園では約10年前から認定講師の中木先生と和久洋三式創造共育を行っています。「共に育む」と書くこの活動では、製作や積み木などの活動を通して子どもたちの発想力を大切にし、創造へとつなげていく喜びを先生と子どもが共に分かち合っています。

 

 

 

 「子どもはみんなアーティスト」

例えば、絵画製作では「上手に描けたか」ではなく完成した時の満足感や達成感を十分に味わうことを大切にします。子どもたちが活動している間、私たちはできるだけ子どもの発想に寄り添い、その過程にあるものを見極めるようにしています。なによりも活動中の子ども達は本当に楽しそうで、夢中になって取り組んでいます。感性の豊かな子どもたちは和久先生の言葉にあるように「みんなアーティスト」なのです。

 

       

 

                    

 

                  

                    

 

 

                    

                  

 

和久洋三先生ってどんな人?

 

         

1966年 東京芸術大学美術学部工芸科工業デザイン専攻卒業

1968年 同大学院修了

     以後フレーベル館を経て保育園にて2年間の保父体験

1972年〜日本全国の有名百貨店で数十回の個展、催事展

1980年 ドイツで「優良玩具選定」を受ける
            「国際フォルム展」入賞

1982年〜スペインのセビリア郊外にて創作、研究活動に専念

1985年 東急百貨店本店にて「和久洋三の童具展」開催

1989年 「童具館」設立。「わくわく創造アトリエ」を開設 

1990年 東急百貨店本店にて「童具遊ぶこころ」展開催

1994年 第2回世界乳幼児学会(スペイン)ゲスト講演

1955年 文部省「幼稚園の園具・教具の整備等に関する調査協
              力者」委員

1995〜1997年 NHK「すくすく赤ちゃん」出演

2006年 NHK「すくすく子育て」出演

2007年 神戸ビエンナーレ「和久洋三の童具・積木で遊ぼう」
              出展

              日本デザイン学会にて基調講演

2012年 日本乳幼児学会ゲスト講演

2013年 神戸ビエンナーレ展・創作玩具コンペティション
              審査員

 

現在        童具館館長

      童具デザイナー

      和久創造共育普及協会会長

              わくわく創造アトリエ主宰

      童具開発研究所WAKU所長

      NHK「おかあさんといっしょ」あそびだいすき監修

 

 

 もっと創造共育について知りたい!という方へ  

 

    和久洋三のわくわく創造アトリエHP

   童具館HP

    広島安佐プレイルームHP (わくわく創造アトリエ認定講師中木先生のプレイーム)

 

園では、和久先生著『子どもの目が輝くとき』、『トークトゥトーク 育つ喜び育てる楽しさ』(汐見稔幸共著)の貸し出しを行っています。お気軽にお声がけください。